ギニュー 元祖ドラゴンボール HG15弾 ナメック星の攻防スペシャル編〜【ドラゴンボールフィギュアレビュー0318】

ギニュー 元祖ドラゴンボール HG15弾 ナメック星の攻防スペシャル編〜 元祖HGシリーズ(カプセルトイ)

みなさん、こんにちは、こんばんは。もぐらダイブへようこそ。
今日は食事を抑えた。でもチョコやおやつは食べる。寒いと食べたいよね。
今回紹介するフィギュアは、「ギニュー 元祖ドラゴンボール HG15弾 ナメック星の攻防スペシャル編〜」です。

  • 商品名: ドラゴンボール HG15弾 ナメック星の攻防スペシャル編〜
  • 発売日:2007年10月
  • 全長:約45mm
  • ラインナップ:孫悟空(超サイヤ人)、フリーザ(最終形態フルパワー)、孫悟空(ギニューボディチェンジVer.)、カエル、ギニュー、グルド、ジース、スカウターケース、バータ、リクーム
  • 発売元:株式会社バンダイ
  • 備考:カプセルトイ

ここからは再販売のギニュー特戦隊紹介!第1回はギニュー隊長!

こっから先は再販売なので少し退屈なレビューになるな。
僕にとって。
ギニュー特戦隊はすでにオリジナルの造形が過去にHGシリーズで出ています。
また、最近ではプレバンでも再度発売されています。
こちらは若干造形が異なりますが、その若干の差がクオリティに大きな差を生み出しています。
今回紹介するのは、オリジナルノHGの劣化版というべき内容です。
まずは解体画像から見ていきましょう。

ギニュー 元祖ドラゴンボール HG15弾 ナメック星の攻防スペシャル編〜

三分割で、頭が取れます。
組み立てていきましょう。

ギニュー 元祖ドラゴンボール HG15弾 ナメック星の攻防スペシャル編〜

この顔を見ていると、勝手に改蔵の天才塾の刺客たちを思い出すのは僕だけでしょうか。
こういう顔しているよね。
目とか、口とか、口元のしわとか。
絶対こいつら天才塾の刺客だよ。
だって、ギニュー特戦隊とか、痛いもん。

ギニュー 元祖ドラゴンボール HG15弾 ナメック星の攻防スペシャル編〜

高さの割に横幅が大きいので、いつものサイズで収まりが悪いです。
造形自体は悪くないですが、塗装が劣るんですよね。
次は比較でみていきますよ。

ギニュー 元祖ドラゴンボール HG15弾 ナメック星の攻防スペシャル編〜

左がオリジナルのギニュー、右がプレバンのギニューです。
比較とか言ってバックぶれてるし。
色の濃さが全然違うのはわかると思います。

ギニュー 元祖ドラゴンボール HG15弾 ナメック星の攻防スペシャル編〜

左右が反転しましたね。
角のとがり方とか、筋肉の造形とか見ると、やっぱりプレバンは次元が違いますね。
価格の次元も違うんですけどね。
同じ元祖HGシリーズのオリジナルと比較しても、塗料の発色が全然違う。
比較してしまうとどうしても安っぽく見えてしまうんです。

ギニュー 元祖ドラゴンボール HG15弾 ナメック星の攻防スペシャル編〜

最後に、カエルさんとボディチェンジで終了です。

豊富な品揃え フィギュアはamazonで

最後まで見ていただき、ありがとうございます。
楽しんでいただけたでしょうか。
今後も毎日更新目指してがんばります。 
次回はリクームのレビューをお届けします。
皆さんの感想や、こんな商品をレビューして欲しい等の要望、その他諸々ございましたら、メッセージをお願いします。

メッセージはこちらからお願いします。

コメント