セル(完全体) HGドラゴンボール超05 恐怖のセルゲーム編 【ドラゴンボールフィギュアレビュー0353】

セル(完全体) HGドラゴンボール超05 恐怖のセルゲーム編 超HGシリーズ(カプセルトイ)

みなさん、こんにちは、こんばんは。もぐらダイブへようこそ。
体重の増加と暴飲暴食と切れ痔。危険信号です。野菜も足りてない。
今回紹介するフィギュアは、「セル(完全体) HGドラゴンボール超05 恐怖のセルゲーム編 」です。

  • 商品名:HGドラゴンボール超 05 恐怖のセルゲーム編
  • 発売日:2020年2月
  • 全長:約100mm
  • ラインナップ:孫悟空(超サイヤ人)、セル(完全体)、孫悟飯(SS2)、ベジータ(超サイヤ人)、ベジータ(SSGSS 進化)
  • 発売元:株式会社バンダイ
  • 備考:カプセルトイ、緑色カプセルに封入

久しぶりのリアルガシャフィギュアパーフェクトセル!今回一番期待だが!

本当に久しぶりのパーフェクトセルですね。
HGの14弾でラインナップされていましたが、その後はさっぱり出てきませんでしたね。
DGシリーズでは第一形態と第二形態が発売されていて、完全体も未塗装の造形は出ていたんですが、お蔵入りになっていましたね。
あれを今出せばいいのにとも思いつつ、新規造形で登場です。
思えば、UGシリーズが布石としてあったんですかね。
今回のラインナップのうち、セルとベジータ2種はラインナップかぶってますからね。
しかも超ベジータとSSGSS進化で、体はムキムキ統一という。
流用の仕方は別シリーズで応用効くってことですね。
では開封していきましょう。

セル(完全体) HGドラゴンボール超05 恐怖のセルゲーム編

パーツ数が多く、袋が横長だったので、折り返してます。

セル(完全体) HGドラゴンボール超05 恐怖のセルゲーム編

足が不思議なばらけ方をしていますが、左右どっちかわからんくならないようにという工夫でしょうね。
ぶっちゃけいつもわからないのは台座をどっちにはめるのかなんだけど。
っていうか台座小さ。

さすがセル!迫力のボディですね。
ん?

セル(完全体) HGドラゴンボール超05 恐怖のセルゲーム編

なんでこんなかわいい顔してるんだ?
邪悪さのかけらもないのだが。
こいつ本当にセルか?
笑顔もさわやかです。

セル(完全体) HGドラゴンボール超05 恐怖のセルゲーム編

遠目で見ると顔もはっきり見えていい感じです。
アップはきついですね。
この距離感を保って接するのが正解ですね。
体の斑点もちょっと大きい気がするけど、まんべんなくふられています。
関節部分の紫の塗装が入ることで、メリハリのある体になっていますね。
肘曲げているからいいかもしれないけど、腕にも入ってた方がよかったな。
背中の羽根もてこの原理で差し込んでく感じで、深くはまって、ポロポロ落ちたりしませんね。
手がなんだか丸っこいな。

セル(完全体) HGドラゴンボール超05 恐怖のセルゲーム編

足の裏の斑点は省いているのか、もともとないのか、わかりません。

セル(完全体) HGドラゴンボール超05 恐怖のセルゲーム編

パーフェクトセル三兄弟です。
左がHG6弾のセル、右がHG14弾のセルです。
それぞれ特徴ありますね。
6弾のセルは関節の紫の塗装が入っていれば、クオリティ的にはトップに君臨できたんじゃないかな。
今回のセルも、顔と手がもう少し何とかなっていれば、神だったんですけど。
体の色は今回のセルが一番好きですかね。
総合的にはやはり今回のセルかな。
一番パッとしないのはHG14弾のセルですね。
羽根すぐ取れるし。

セル(完全体) HGドラゴンボール超05 恐怖のセルゲーム編

顔は14弾かな。
6弾もかっこいいんだけど、ちょっと別人なんだよね。
まあ、今回ほどじゃないけど。
今回のセルは、遠目で鑑賞すれば雰囲気でスゲー感じが伝わるけど、近くで見ると、あれ、かわいい顔して微笑んでいる?って感じになってしまいますね。
でも体は好みです。

セル(完全体) HGドラゴンボール超05 恐怖のセルゲーム編

というわけでセルゲームは後半戦に突入。
明日は孫悟飯ですね。

最後まで見ていただき、ありがとうございます。
楽しんでいただけたでしょうか。
今後も毎日更新目指してがんばります。 
次回は孫悟飯のレビューをお届けします。
皆さんの感想や、こんな商品をレビューして欲しい等の要望、その他諸々ございましたら、メッセージをお願いします。

メッセージはこちらからお願いします。

コメント