パイクーハン 元祖ドラゴンボール HG16 ~遥かなる天下一武道会編~【ドラゴンボールフィギュアレビュー0351】

パイクーハン 元祖ドラゴンボール HG16 ~遥かなる天下一武道会編~ 元祖HGシリーズ(カプセルトイ)

みなさん、こんにちは、こんばんは。もぐらダイブへようこそ。
コロナ対応めぐって、曖昧な指示っダメだなって強く思った。
今回紹介するフィギュアは、「パイクーハン 元祖ドラゴンボール HG16 ~遥かなる天下一武道会編~」です。

  • 商品名:元祖ドラゴンボール HG16 ~遥かなる天下一武道会編~
  • 発売日:2008年1月
  • 全長:約125mm
  • ラインナップ:孫悟空(SS2)、ベジータ(破壊王子)、孫悟空、孫悟飯 (SS2) 、セルジュニア、マジュニア、マジュニア(腕のびVer.)、パイクーハン
  • 発売元:株式会社バンダイ
  • 備考:カプセルトイ

最後はあの世一武道会で締め!まさかのラインナップ!パイクーハン。

パイクーハン需要がどれほどかはわかりませんが、アニメオリジナルのキャラの中では一番知名度は高いんですかね。
劇場版にも登場していますし。
アニメオリジナルキャラでフィギュア化されているキャラクターも彼ぐらいですかね。
個人的には変身したガーリックジュニアとかも好きなんですけどね。
今回、セルジュニアにマジュニアが出てきてたんだから、ガーリックジュニアでもよかったのかなと思いますが、大会系ではないのでだめですよね。
というわけで、フィギュア化されることも珍しい、パイクーハンをレビューしていきます。
まずは解体画像から見ていきましょう。

パイクーハン 元祖ドラゴンボール HG16 ~遥かなる天下一武道会編~

不思議な解体図ですね。
あんまり見ないパターンです。
ポージングに由来しているのか、でも足はに分割でなくても成立しそうだが。
とりあえず組み立てていきます。

パイクーハン 元祖ドラゴンボール HG16 ~遥かなる天下一武道会編~

好きなキャラではありません。
そのうえポージングもダサい。
これ確か必殺技ですよね。
クルクルまわるやつじゃなかったけ?
死んでいるので天使の輪がついています。
緑と青と塗装が濃厚なところが印象的です。
腰布やターバンから垂れた布がなびいています。
台座は当時はやりのぶっさし系ですね。

パイクーハン 元祖ドラゴンボール HG16 ~遥かなる天下一武道会編~

これ回転すれば面白いのにね。
直立で腕組よりもさらに体を細める腕クロスなので、縦長な印象が強いです。
ターバンも縦だしね。
縦で攻めてきたパターンですね。
そして細身であると。
腰がめっちゃキュってなってますもんね。
高さがあるのは好きだけど、幅も欲しいし、マッスルでデカくしてほしいんだよ。
高さだけじゃないのよ。
ってことに気づけたフィギュアだったと思います。
まあ、ドラゴンボールのキャラクターを余すことなくゲットしたいって人じゃなかったら、特にいいのかなーっていうフィギュアです。
造形自体は悪くないです。

パイクーハン 元祖ドラゴンボール HG16 ~遥かなる天下一武道会編~

孫悟空対ベジータ、孫悟空対マジュニアで並べられるのが魅力的でしたね。
できもこの4体が素晴らしすぎた。
他はキャラの弱さであまり魅力的なもににはなってないのが悲しいですね。
好きな人はごめんなさい。
やっぱ、孫悟空入れておくのが一番間違いないってことなんですよね。

最後まで見ていただき、ありがとうございます。
楽しんでいただけたでしょうか。
今後も毎日更新目指してがんばります。 
次回は超HG最新弾のレビューをお届けします。
皆さんの感想や、こんな商品をレビューして欲しい等の要望、その他諸々ございましたら、メッセージをお願いします。

メッセージはこちらからお願いします。

コメント