孫悟飯 (SS2) 元祖ドラゴンボール HG16 ~遥かなる天下一武道会編~【ドラゴンボールフィギュアレビュー0348】

孫悟飯 元祖ドラゴンボール HG16 ~遥かなる天下一武道会編~ 元祖HGシリーズ(カプセルトイ)

みなさん、こんにちは、こんばんは。もぐらダイブへようこそ。
HG6弾のSSGSS進化ベジータがまさかのレアアソートで、価格高騰。ゲットにはもう少し時間をかけるかな。
今回紹介するフィギュアは、「孫悟飯 (SS2) 元祖ドラゴンボール HG16 ~遥かなる天下一武道会編~」です。

  • 商品名:元祖ドラゴンボール HG16 ~遥かなる天下一武道会編~
  • 発売日:2008年1月
  • 全長:約90mm
  • ラインナップ:孫悟空(SS2)、ベジータ(破壊王子)、孫悟空、孫悟飯 (SS2) 、セルジュニア、マジュニア、 マジュニア(腕のびVer.)、パイクーハン
  • 発売元:株式会社バンダイ
  • 備考:カプセルトイ

再び時系列は魔人ブウ編に戻るが、こいつは展開一武道会関係あるのか?

サイヤマン衣装の孫悟飯で、超サイヤ人になっています。
ビーデルがスポポビッチにボコボコにされているところで飛び出すシーンかと思ったんですが、あの時はサングラスがついているんですよね。
だから違うと。
アニメのスポポVSビーデル、まるまる一話嬲り倒しなんですよね。
あれマジ不快感だったな。
女性をあんなに痛めつけるなんて、ひどいシーンだよ。それが延々一話やるわけだよ。
原作に追いつかないようにするために。
もっとほかのシーン尺稼げよな。
まあ、もう昔の話だけど。
というわけで、今回の孫悟飯は天下一武道会関係ないんですよね。
まあ、バビディに挑んだ三人みたいなくくりで行くと、しっくりこないこともないんだけど、フィギュア自体が孫悟空とベジータを組み合わせて飾って完結しちゃっているので、どうしても余りもの感が強いです。
もうひとつ、孫悟飯といえば、ダーブラ戦で全身タイツになりましたよね。
あれも変態的でちょっと受け入れられなかったんだよな。
ただでさえ孫悟飯微妙だなって思ってたのに、ビッグダディーみたいな頭にタオルにサングラスからの全身タイツで、もう全然かっこよくないっていう。
ベジータも似たような服装なのに、なんでこんなにかっこよく見えるんですかね。
これはドラゴンボール七不思議のひとつです。
それでは解体画像から見ていきましょう。

孫悟飯 元祖ドラゴンボール HG16 ~遥かなる天下一武道会編~

ぶっさすタイプです。
今回の弾はぶっさしまくりです。
無駄に場所撮るから好きじゃないんですけど、ぶっさしまくりです。
組み立てていきます。

孫悟飯 元祖ドラゴンボール HG16 ~遥かなる天下一武道会編~

まあ、孫悟飯のことはボロカス言いましたが、このフィギュア自体は悪い出来ではありません。
むしろいい方ですよね。
まだ全身タイツになる前の状態なので、見れます。
耳でかいな。
このころのHGフィギュアの特徴でもありますよね。
グラデーションとかも特になく単色なんですが、色の塗分けが綺麗にされているのと、造形も優れているので、それで高得点ゲットできてるって感じですね。
HG、安定のクオリティを見せつけてきます。
筋肉の造形なんかも前のと比べると、腕とか太くなってきてますよね。

孫悟飯 元祖ドラゴンボール HG16 ~遥かなる天下一武道会編~

グレートサイヤマンと並べてみました。
足のつま先が塗ってない。
これは再販バージョンの方ですね。
オリジナルのサイヤマンはちゃんと塗ってあります。
服の色とかはグレートサイヤマンの方が濃い目で、こっちの方が好きかな。

孫悟飯 元祖ドラゴンボール HG16 ~遥かなる天下一武道会編~

全盛期の孫悟飯と比較してみました。
これは半年前に出たやつですが、もう超HGで新しい孫悟飯が出てきてますよね。
この弾が終わったらレビューしていきたいと思っています。
大人になって変わってしまったよな。
悲しいな。
アルティメット孫悟飯になることで息を吹き返すわけですが、結局ブウに吸収されて、孫悟空とベジータ活躍の下地になってしまうという、不遇すぎるキャラクター。
ドッカンバトルでも弱いんですよね。
なんか、悲しいですよね。
孫悟空の息子なのに。少年時代はいいキャラだったのに。

最後まで見ていただき、ありがとうございます。
楽しんでいただけたでしょうか。
今後も毎日更新目指してがんばります。 
次回はセルジュニアのレビューをお届けします。
皆さんの感想や、こんな商品をレビューして欲しい等の要望、その他諸々ございましたら、メッセージをお願いします。

メッセージはこちらからお願いします。

コメント