孫悟空 元祖ドラゴンボール HG16 ~遥かなる天下一武道会編~【ドラゴンボールフィギュアレビュー0347】

孫悟空 元祖ドラゴンボール HG16 ~遥かなる天下一武道会編~ 元祖HGシリーズ(カプセルトイ)

みなさん、こんにちは、こんばんは。もぐらダイブへようこそ。
コロナで夜の企画が軒並み中止で、残業代収入が減りそうだな。
今回紹介するフィギュアは、「孫悟空 元祖ドラゴンボール HG16 ~遥かなる天下一武道会編~」です。

  • 商品名:元祖ドラゴンボール HG16 ~遥かなる天下一武道会編~
  • 発売日:2008年1月
  • 全長:約75mm
  • ラインナップ:孫悟空(SS2)、ベジータ(破壊王子)、孫悟空、孫悟飯 (SS2) 、セルジュニア、マジュニア、 マジュニア(腕のびVer.)、パイクーハン
  • 発売元:株式会社バンダイ
  • 備考:カプセルトイ

天下一武道会、一気に時はさかのぼり、マジュニア戦へ!初期青年孫悟空登場

今回のテーマは遥かなる天下一武道会なわけですが、孫悟空とベジータの死闘の次は、一気に時がさかのぼって、青年孫悟空とマジュニアの対決となるわけです。
なるほど、テーマにはマッチしているが時空を超えすぎですね。
しかしですね、今回のこの孫悟空といい、マジュニアといい、クオリティは最高峰だと思うんですよ。
まずは解体画像からご堪能あれ。

孫悟空 元祖ドラゴンボール HG16 ~遥かなる天下一武道会編~

この時点で、顔の造形のすばらしさにはすでに気づいていただけるでしょう。
筋肉だってしっかりと造形されています。
ポージングもいいんですよ。
組み立てるのです。

孫悟空 元祖ドラゴンボール HG16 ~遥かなる天下一武道会編~

顔の雰囲気とか、初期の青年孫悟空って感じしません?
髪の毛の造形とかも結構好きです。
サイヤ人編の、胴着と靴が台座になっている謎のフィギュア孫悟空と、頭のつくり方は似ているなとは思うんですけど、こっちの方が圧倒的にクオリティは高いですね。
足の指の曲がり方とかも結構たまらんですね。
肌は成型色だし、胴着もグラデーションとかはなく単色なんですけど、なんでですかね、単調じゃないんですよね。
ポージングの問題もあると思うんですけど、自然な陰影が結構着く感じなので、見栄えがいいんですよね。
なんといっても顔。顔がちゃんとしてる。かっこいい。
これが何より重要である。

孫悟空 元祖ドラゴンボール HG16 ~遥かなる天下一武道会編~

比較です。
ね、髪の毛とか胴着の色とか、近いんですけど、今回のフィギュアの方が迫力あるでしょ。
左の孫悟空は帯がちょっとしょぼいですね。
顔も少し弱いんだよな。覇気で負けている。
今回の孫悟空は家宝級ですね。
ラディッツといっしょに飾っても違和感はそんなにないので、胴着台座さんではなく、こっちをラディっとと一緒に並べてもいいのかなと思います。

孫悟空 元祖ドラゴンボール HG16 ~遥かなる天下一武道会編~

マジュニアは今回のレビューの最後で登場するのでお楽しみに。
さっきラディッツとって書いたけど、そうするとマジュニアのお相手がいなくなってしまうので、やっぱりこの組み合わせが最高なんだな。

最後まで見ていただき、ありがとうございます。
楽しんでいただけたでしょうか。
今後も毎日更新目指してがんばります。 
次回は孫悟飯のレビューをお届けします。
皆さんの感想や、こんな商品をレビューして欲しい等の要望、その他諸々ございましたら、メッセージをお願いします。

メッセージはこちらからお願いします。

コメント