孫悟空 元祖ドラゴンボール HG番外編 ~地球をかけた超激突編~【ドラゴンボールフィギュアレビュー0329】

孫悟空 元祖ドラゴンボール HG番外編 ~地球をかけた超激突編~ 元祖HGシリーズ(カプセルトイ)

みなさん、こんにちは、こんばんは。もぐらダイブへようこそ。
なんだか色々と不穏です。
今回紹介するフィギュアは、「孫悟空 元祖ドラゴンボール HG番外編其 ~地球をかけた超激突編~」です。

  • 商品名: 元祖ドラゴンボール HG番外編 ~地球をかけた超激突編~
  • 発売日:2007年12月
  • 全長:約85mm
  • ラインナップ:孫悟空(界王拳)、ベジータ、ベジータ初期設定ver,、ナッパ、ナッパ 初期設定ver, 、孫悟空、ラディッツ、ピッコロ、孫悟飯&海亀
  • 発売元:株式会社バンダイ
  • 備考:カプセルトイ

この弾2体目となる孫悟空の登場です。台座が特殊な初期型の再販売です

初期の頃は台座のデザインが安定していなくて、クリリンみたいなエフェクト台座だったり、おなじみの足にはめるクリア台座がなんか小さいサイズだったり、高さが極端に低かったり。
同じシリーズなんだったら統一感欲しいですよね。
今回紹介する孫悟空は、台座のデザインが安定していなかった頃の代物です。
まずは解体画像から見ていきましょう。

孫悟空 元祖ドラゴンボール HG番外編 ~地球をかけた超激突編~

台座は何処に?とお思いの方、右にある青い塊がそれです。
ラディッツ戦で、修行用の重たいアンダーシャツとブーツを脱ぎ捨てた場面ですが、その脱ぎ捨てた衣服が台座になっているという仕様です。
自然といえば自然ですが、微妙といえば微妙な、微妙な感じのやつです。
組み立てていきます。

孫悟空 元祖ドラゴンボール HG番外編 ~地球をかけた超激突編~

ラディッツ戦の頃の漫画の孫悟空って感じです。
ガタイとか筋肉の量とか、髪の毛の感じとか、割と忠実に再現しています。
ゆえにちょっと微妙な感じというのが、微妙な感じです。
悪くないんですけどね。
今一つ魅力に欠けると思ってしまうのは僕だけだろうか。

孫悟空 元祖ドラゴンボール HG番外編 ~地球をかけた超激突編~

胴着のマークは何も入っていません。
この辺、原作はどうだったんだっけかな。
ブーツは靴底がきちんと造形&塗装されています。
これは助かった。
下手するとただの青い塊だからな。
シャツとか、わからんし。
ブーツがあって連鎖的にシャツだと認識できるというレベルですね。
じゃなかったらつぶれたスライムだよ。

孫悟空 元祖ドラゴンボール HG番外編 ~地球をかけた超激突編~

左がオリジナルの孫悟空です。
胴着の色が違います。
オリジナルの方がアニメの時の色合いに近いですよね。
オレンジ胴着はその後の胴着の色に合わせたって感じですかね。
オリジナルの方は肌もきちんと塗装されていますが、再販売の方はむき出しの成型色ですね。
この辺の差は明らかに出てしまうので、なんの迷いもなくオリジナルの方を選びますよね。

豊富な品揃え フィギュアはamazonで

最後まで見ていただき、ありがとうございます。
楽しんでいただけたでしょうか。
今後も毎日更新目指してがんばります。 
次回は孫悟空のラディッツをお届けします。
皆さんの感想や、こんな商品をレビューして欲しい等の要望、その他諸々ございましたら、メッセージをお願いします。

メッセージはこちらからお願いします。

コメント