ピッコロ大魔王 元祖ドラゴンボール HG13弾 ~復活のメタルクウラ編~【ドラゴンボールフィギュアレビュー0264】

ピッコロ大魔王 元祖ドラゴンボール HG13弾 ~復活のメタルクウラ編~ 元祖HGシリーズ(カプセルトイ)

みなさん、こんにちは、こんばんは。もぐらダイブへようこそ。
組織抜けるってめんどくさいね。まずは迷いをたちきることだが、辞めても迷ってそう。でも抜けたい気持ちのが強い。
今回紹介するフィギュアは、「ピッコロ大魔王 元祖ドラゴンボール HG13弾 ~復活のメタルクウラ編~」です。

  • 商品名:元祖ドラゴンボール HG13弾 ~復活のメタルクウラ編~
  • 発売日:2007年4月
  • 全長:約95mm
  • ラインナップ:孫悟空(超サイヤ人)、ベジータ(超サイヤ人) 、メタルクウラ、フリーザ(第三形態)、ピッコロ大魔王、亀仙人、孫悟空&クリリン
  • 発売元:株式会社バンダイ
  • 備考:カプセルトイ

無印編のキャラクターレアですよね!今日紹介するのは若返ったピッコロ大魔王!

無印のフィギュアもなかなか出てこないですよね。
ただ、あんまり思い入れのある敵キャラっていないんですよね。
ピラフとレッドリボン軍とピッコロと、あとは天下一武道会ですからね。
本当に命を懸けた戦いってピッコロ大魔王ぐらいですよね。
桃白白も白熱でしたけど、ちょっとギャグ要素も大分ありましたしね。
解体画像見てみます?
どうぞ。

ピッコロ大魔王 元祖ドラゴンボール HG13弾 ~復活のメタルクウラ編~

前回のフリーザのパーツ量とは比較にならないシンプルさですね。
組み立てるとこんな感じです。

ピッコロ大魔王 元祖ドラゴンボール HG13弾 ~復活のメタルクウラ編~

魔王という設定で、デザイン的にもまだ安定していない時期のキャラクターなので、他のナメック星人のキャラクターと比べると、どうしても貧相な感じがして、強そうに見えません。
まあ、実際そんなに強くないんですよね。
ネイルとか、戦闘型ナメック星人の方が強いですからね。
しかし大魔王って。自称?
魔界の王ダーブラと同じ世界じゃないもんね。
神様と分離して地球を制圧してただけだから、魔界という概念は無いですからね。
なんかダーブラも怪しいところですよね。自称感が強い。
それとも魔界と呼ばれる世界は複数あるのか。
ちなみに無印ではアニメオリジナルのストーリーとして、魔界の存在が描かれているのですが、セルに匹敵するほどの強さを持つダーブラは影も形もありません。
まだ生まれていない=孫悟空より年下という解釈はありですね。
まあ、つじつま合わせに意味なんて無いことを承知の上での考察ですので、スルーしてください。

ピッコロ大魔王 元祖ドラゴンボール HG13弾 ~復活のメタルクウラ編~

前のめりフィギュアです。
熱湯で戻してやれば多少は安定感を取り戻せそうですが、かなり自立がきついフィギュアです。
若返る前の方がキャラは立っていてた気がしますね。
しかし、息子のマジュニアがピッコロ大魔王に似ているというだけで、ピッコロという呼び名になり、本人も含めてマジュニアと呼ぶ人はいないんですよね。
まあ、マジュニアっていうのは天下一武道会にエントリーするための偽名で、最初からピッコロを名乗っているような気もします。
そこにかんしてはマンガ読み直さないと思い出せないわ。
胴着の形状とか、肩幅とかも、当時のマンガのデザインに沿ったものなので、今改めて作画すると、だいぶちがうデザインになるんですかね。
ピッコロ大魔王って、かなり背が高いので、其の分マッスルな感じにしたほうが、個人的にはテンション上がります。
なんか今回のレビュー、全然レビューしてないんですが、この辺で今回は失礼させていただきマッスル。

豊富な品揃え フィギュアはamazonで

最後まで見ていただき、ありがとうございます。
楽しんでいただけたでしょうか。
今後も毎日更新目指してがんばります。 
次回は亀仙人のレビューをしていきます。
皆さんの感想や、こんな商品をレビューして欲しい等の要望、その他諸々ございましたら、メッセージをお願いします。

メッセージはこちらからお願いします。

コメント