ベジータ(SSG) HGドラゴンボール超01 映画ドラゴンボール超 【ドラゴンボールフィギュアレビュー0058】

ベジータ(SSG) HGドラゴンボール超01 映画ドラゴンボール超 超HGシリーズ(カプセルトイ)

みなさん、こんにちは、こんばんは。もぐらダイブへようこそ。
結局夜サンドイッチ食べた、モグヲです。そうしよう!プチ断食にしよう!回復食とかめんどくさいし!
今回紹介するフィギュアは、「ベジータ(SSG) HGシリーズ01 映画ドラゴンボール超 」です。

  • 商品名:HGシリーズ01 映画ドラゴンボール超
  • 発売日:2018年12月
  • 全長:約80mm
  • ラインナップ:孫悟空(SSGSS)、ベジータ(SSG)、ブロリー(フルパワー)、ゴールデンフリーザ、ゴジータ(SSGSS)
  • 発売元:株式会社バンダイ
  • 備考:カプセルトイ、赤色カプセルに封入

大好評のSSGベジータのフィギュア化!ベジータといえば腕組ポーズ

ベジータ(SSG) HGドラゴンボール超01 映画ドラゴンボール超

シンプルに上半身と下半身と台座の構成となっています。
造形の良さはこの時点で明らかですね。
組み立ててみるとこんな感じです。

ベジータ(SSG) HGドラゴンボール超01 映画ドラゴンボール超

劇場版でベジータの戦闘服のカラーがマイナーチェンジされましたが、この配色、モグヲはかなり好きです。
スキンスーツも戦闘服も濃い目のトーンになっているんですよね。
今回のフィギュアは腕を組んで、背中若干反りーの、首90度回転となっています。
モグヲは首周りが硬いので、このポーズで首をほぐす訓練をしようと思います。
顔もいいですね。
目元がはっきりしている。
目は髪と同じ色の赤色で縁取りされています。
なんかこの写真だと眉毛も縁取りされていて、メリハリある顔となっていますが、実物見ると縁取りされているわけではなさそうです。
こういうフィギュアって個体差も結構あったりするんだけど、このベジータは当たりの部類でしょうね。
ただ、バランスが悪い。
台座はもっとしっかりしたのを付けれるのではないかなーと、思う。
あんまりでかくてもフィギュアを飾るときに邪魔になってしまうので、バランス考えてのコレなのかな。
棚に飾ってて気がついたら倒れているというのが、結構ストレスです。
他のフィギュアも巻き込んでドミノ倒しになってしまうと、もう、ムキーって感じです。

ベジータ(SSG) HGドラゴンボール超01 映画ドラゴンボール超

燃える炎の赤。
髪の毛の色きれいですね。
劇場版は変身の演出もプリキュアなみに凝っていましたね。
ドラゴンボールにしては結構珍しかったのかなと思います。
超サイヤ人2と3は飛ばされてしまっていたので、見たかったなというのが正直な感想です。
戦闘服は塗装ムラも若干ありますが、気にするレベルではないですね。
塗装の省略とかも特に見当たらず、安定のHGクオリティを維持されているなと思いました。

ベジータ(SSG) HGドラゴンボール超01 映画ドラゴンボール超

腕組ベジータ比較ということで、元祖HGのベジータさんに登場していただきました。
昔のHGフィギュアの方が全体的にガタイがいいですね。
まあ、超になってから作画もだいぶ変わって、キャラクターもスタイリッシュになりましたから、フィギュアの造形が違ってくるのも当然です。
ただ、SSGベジータの方はマッスルじゃないのかといえば、むしろ逆です。
スキンスーツの下から浮かび上がる筋肉の造形は、SSGの方がかっこいいです。引き締まっている感じが出ていますね。
元祖HGは台座にも注目ですね。
この台座は倒れないです。
しっかり足回りを支えています。
新しいHGもこんな感じで出してくれればいいのになと思います。
ベジータ(SSG) HG ドラゴンボール超01 映画ドラゴンボール超の評価、モグヲのオススメ度は★★★★★です。

フルコンプセットをお求めの方はコチラへ

豊富な品揃え フィギュアはamazonで

この画像には alt 属性が指定されていません
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は bgt です
ドラゴンボールシリースも多数ラインナップ

ガチャガチャのコンプリートまであと一つお探しの方!『カプセルゴリラ』へ!

最後まで見ていただき、ありがとうございます。
楽しんでいただけたでしょうか。
今後も毎日更新目指してがんばります。 
次回はゴジータのレビューしていきます。
皆さんの感想や、こんな商品をレビューして欲しい等の要望、その他諸々ございましたら、メッセージをお願いします。

メッセージはこちらからお願いします。 

コメント