元祖HG 01 ピッコロ【ドラゴンボールフィギュアレビュー0023】

元祖ドラゴンボールHG 01 ピッコロ 元祖HGシリーズ(カプセルトイ)

みなさん、こんにちは、こんばんは。もぐらダイブへようこそ。
運動もせず、ゴロゴロしっぱなしで、お菓子ばっかり食べている堕落の生物、モグヲです。罪深きはおいしいお菓子。
今回紹介するフィギュアは、「元祖HG 01 ピッコロ」です。

  • 商品名:ドラゴンボール HG1弾 〜激闘!最大奥義元気玉編〜
  • 発売日:2003年3月
  • 全長:約85mm
  • 発売元:株式会社バンダイ
  • 備考:カプセルトイ

この弾の当たりはピッコロでしょう!

元祖HG01弾の最終回はピッコロです。
モグヲのブログでは、紹介したフィギュアの登場時期をカテゴリ分けしているんですが、ピッコロってどこに振ったらいいかわからないキャラナンバー1ですよね。
意匠が変わらないんですよ。
変わらぬカッコよさ、ピッコロのレビューを始めましょ。
それでは、レッツ解体!!

たぶん上半身と下半身も分離できると思うんだけど、壊れちゃいそうだったから自粛。
マントがごっそり外れます。
ターバンも外れたら飾るバリエーション増えて楽しいのにな。
そして、組み立てるとこんな感じ。マッスルドッキング!

このピッコロは完成度高いですよね。
腕の造形や塗装がめちゃくちゃ細かいし、きれいなんですよ。
ここまで丁寧な造形、この先もあまり無いんじゃないか。

どの角度から見てもかっこいいね。
マントが若干のっぺり感あるけど、腕がしっかり作られているので、安っぽい感じもしないし、かなりいいと思います。
全体的なフォルムは前に紹介している孫悟空やベジータと同じ感じです。
このピッコロの唯一の欠点かつ致命傷、それは、まともに立たない。

ここまで角度つけてやっと立つんですよ。
どんだけだよ。
自立しないフィギュアはフィギュアじゃねー、という先人の言葉が思い出されます。
ちなみに、角度をつける役割を担っているのは、我が家に代々伝わる伝説のメジャーです。
メージャーと爪きりと扇風機が三種の神器だったのですが、さすがに扇風機は捨てました。
爪切りは現役で、モグヲはこの爪きり意外で爪を切りたくありません。

元祖ドラゴンボールHG 01 ピッコロ

このピッコロ、マントがごっそり外れるので、マジュニアバージョンも出来るんですよ。
マジュニアフィギュアってあんまり無いからレアじゃない?
でもやっぱりマントがかっこいいんだよね、ピッコロは。


またまた比べちゃいました。
同じくHGシリーズのピッコロなんですが、これはガシャポン産ピッコロフィギュアの決定版でしょう。
比べると、色がくすんで見える。
01弾のピッコロはもともとこんな感じの配色です。
昔のフィギュア(どっちも昔だけど)と比べると発色が全然違いますね。
元祖HG 01 ピッコロの評価、モグヲのオススメ度は★★★★☆ です。

全種コンプリート
amazonからお求めの方はコチラから

豊富な品揃え フィギュアはamazonで

この画像には alt 属性が指定されていません
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は bgt です
ドラゴンボールシリースも多数ラインナップ

ガチャガチャのコンプリートまであと一つお探しの方!『カプセルゴリラ』へ!

最後はドラゴンボール HG1弾 〜激闘!最大奥義元気玉編〜全員集合でフィニッシュです。
最後まで見ていただきありがとうございます。
モグヲのお気に入りは、少年孫悟空、ブルマです。ピッコロは立たないのが難ですね。個体差なんだろうけど。
モグヲはダイエットに失敗しました。摂取量は変えず、消費カロリーを増やす方針でいきます。こっちのほうが健全だ。
皆さんの感想や、こんな商品をレビューして欲しい等の要望、その他諸々ございましたら、メッセージをお願いします。

メッセージはこちらからお願いします。


コメント